祇園祭保存会の家宝 2

2010年07月26日

保昌山保存会。

丹後守平井保昌(たんごのかみひらいやすまさ)像。

保昌が式部に頼まれ、夜中に紫宸殿の庭に忍び入り、紅梅を手折ったが、警護の兵に矢を射掛けられ、ざんばら髪で逃げた話がもとで、ご神体は緋絨(ひおどし)の鎧に太刀をつけ、蒔絵の台に紅梅を一杯に盛って捧げています。

大胆でスリル満点の恋は見事に実ったと伝えられ、山の故事から宵山には「縁結び」の御守りが授与されます。

浴衣美人も縁結びグッズを購入♡

女性に人気の山です♡

北観音山町内のお家で展示されているふすまや甲冑などの家宝の数々です。

八幡山町内のお家で展示されている家宝のふすま絵です。

源平合戦の様子を描いているそうです。

蟷螂山。

からくり人形のカマキリくんが、動いておみくじをひいてくれます。

大人気の山の一つで、このおみくじには長蛇の列が。

金のカマキリたちが展示されています。

ぴかぴかに光って高価そうなカマキリです。

ブログランキングに参加しています
皆様のワンクリックが更新の原動力となっていますので、
クリックで応援よろしくお願いします^^

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://www.runausaji.com/2010/07/26/gion-matsuri-hozonkai-2/trackback/

TOPへ