原谷苑 桜のシャワー

2011年04月15日

4月15日

今でこそ美しい桜で一面埋めつくされ、桜の頃には賑やかになる原谷苑。

たくさんの苦労を経て、今に至っています。

昭和初期の開拓初期のころはガラクタ捨て場となっており、木や植物作物を植えても全く育たなかった中で、昭和30年代になると桜の種類だけは順調に育ち、はじめは身内だけでお花見をされていたそうです。

昭和40年ごろに人づてに桜の評判が広がり、桜の時期だけを一般公開することになり、「原谷苑」と命名されました。

そして平成になってから沈丁花・山吹・ツツジ・石楠花・林檎などを植え始めたそうです。

夜にはイノシシが乱入し土を掘り起こすため、寝ずの番をしたこともあったそうです。

桜のシャワーという表現がぴったりなこの場所。

この土地を開拓し続けた人たちの苦労の賜物だったのですね。

ブログランキングに参加しています
皆様のワンクリックが更新の原動力となっていますので、
クリックで応援よろしくお願いします^^

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://www.runausaji.com/2011/04/15/haradanien-sakura/trackback/

TOPへ