平家物語を訪ねて<祇王寺>

2011年06月8日

5月15日

平家物語の悲恋の尼寺で知られる祇王寺の庭園です。

素晴らしい苔庭と緑が映えています。

現在の祇王寺は昔の往生院の境内だそうです。

いつの間にか荒廃し、尼寺として残り、祇王寺と呼ばれるようになりました。

祇王寺という名は、平清盛の寵愛を失った白拍子の祇王が母刀自と妹祇女を伴って剃髪し、この地に隠棲したことにちなんでいます。

その時、祇王二十一歳、祇女十九歳、母刀自四十五歳でした。

後に祇王が平清盛の寵愛を失う原因となった白拍子の仏御前も、「祇王の不幸を思うにつれ、いずれか秋にあわで果つべき」と、剃髪した尼の姿で祇王の前に現れたということです。

「わずかに十七にこそなる人の、浄土を願わんと深く思い入り給うこそ」と、四人一緒に籠って朝夕の仏前に香華を供えて、皆往生の本懐を遂げたということです。

堂内には本尊大日如来像をはじめ、平清盛像、祇王、祇女、母刀自、仏御前の4人の尼僧像が安置されています。

この小さな庵で細々と隠棲生活をしていた祇王達。

物悲しいほど美しい庭園が当時の様子を彷彿と思い至らせてくれます。

 

祇王寺  JR嵯峨野線「トロッコ嵐山」駅 徒歩10分

http://www.mapion.co.jp/phonebook/M06005/26108/L26203010300000000010/
 
 

ブログランキングに参加しています
皆様のワンクリックが更新の原動力となっていますので、
クリックで応援よろしくお願いします^^

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://www.runausaji.com/2011/06/08/gioji-shinryoku/trackback/

「平家物語を訪ねて<祇王寺>」へのコメント

  1. 名前:ムッシュ : 投稿日:2011/06/09(木) 19:17:10 ID:I2MTMxNjI

    よろしければ なんて飛んでもないですよ。
    ルナさん すごい! ウデを急激にあげましたね。
    ここに載ってるフォト全てが 「秀作」。ムッシュは直感でそう感じました。(私は見た瞬間の「感」で感じます)

    • 名前:Runa : 投稿日:2011/06/11(土) 23:53:58 ID:UxOTgwNzY

      ありがとうございます(^^)

      これはもう被写体がすごくいいという特典だと思います。
      いい被写体に恵まれて私は幸せです。

  2. 名前:ムッシュ : 投稿日:2011/06/14(火) 18:49:54 ID:E1OTc4NjY

    ルナさん 不肖私 明るいレンズを 狙ってまっせ。
    レンズで勝負!

    • 名前:Runa : 投稿日:2011/06/14(火) 23:55:45 ID:QzMDEwMjc

      明るいレンズ欲しいですね!
      ワタクシも狙っております☆
      単焦点の広角&望遠で且明るいのが欲しい!

TOPへ