晩夏の渉成園

2011年09月9日

9月9日

晩夏の渉成園を訪れてみました。

百日紅のピンクの花が池を彩ります。

池にはスイレンが咲いています。

お昼なのでもうそろそろ花が閉じてきていますね。

ミソハギが可憐に咲いています。

ムラサキシキブも実が紫色に染まってきました。

ぼやけていますが、向こう側にはハギも咲いていました。

ノカンゾウです。

ユリと彼岸花を足して2で割ったようなお花ですね。

パイナップルか!?

と思ったのですが、これは朴(ほう)の実です。

葉は大きく殺菌作用もあることから、昔から朴葉寿司や朴葉餅、朴葉味噌などの郷土料理の材料としても使われています。

アオサギと仏さまのコラボレーション。

まるで仏様を守っているかのようにじっとしています。

これは渉成園の外に咲いていたのですが、芙蓉の花ですね。

蜂が花粉にまみれながら蜜団子を作っています。

 

季節は確実に秋へと向かっていることを実感しました。

ブログランキングに参加しています
皆様のワンクリックが更新の原動力となっていますので、
クリックで応援よろしくお願いします^^

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://www.runausaji.com/2011/09/09/shoseien-banka/trackback/

TOPへ