’11 時代祭り あの綺麗所達

2011年10月24日

10月23日

時代祭りのきれいどころを集めてみました。

まず、皇女和宮。

江戸時代、尊王攘夷の風吹き荒れる中、公武一体策の一環として将軍家茂に嫁いだ。

 

吉野太夫。

才色兼備を称えられ国内のみならず、遠くは明国にまで「東に林羅山、西の徳子よし野」と聞こえていると言わしめるほど名を知れ渡らせていた。

 

淀君。

浅井長政と信長の妹お市の方の息女。

秀吉の側室となり、長男秀頼と共に大阪夏の陣で果てた。

巴御前。

木曽義仲の側室で、勇猛果敢な女武将。

「平家物語」「源平盛衰記」にその戦いぶりが記されているという。

常盤御前とその子供牛若丸たち。

源義朝の側室で、のちに平清盛の側室となる。

静御前。

平安末期の白拍子で、源義経の側室。

頼朝に捕えられ舞を命じられるが、義経を慕う唄を謡い頼朝を激怒させたが、北条政子に「私が御前でもそのように謡うでしょう」ととりなされる。

何だか皆様美女ゆえに翻弄された人生だったのですね。。。

武将達もたくさんいましたが、これというのが撮れなかったので、今回は美女だけ。

すみませぬ。

ブログランキングに参加しています
皆様のワンクリックが更新の原動力となっていますので、
クリックで応援よろしくお願いします^^

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://www.runausaji.com/2011/10/24/jidai-matsuri-kireidokoro/trackback/

「’11 時代祭り あの綺麗所達」へのコメント

  1. 名前:lion : 投稿日:2011/11/04(金) 08:14:12 ID:YyNzAxNTI

    おはようございます^^

    京都御所で行われていたんでしょうか・・・・・知らなかったです@@;;

    私も見に行きたかったぁ~~>w<。。。。

    来年は、忘れずに行きます♪

    • 名前:Runa : 投稿日:2011/11/05(土) 00:01:57 ID:U1MDUzNTk

      そうなんです。
      京都御所から平安神宮までの道のりを練り歩かれます!
      雅やかですよ~♪
      来年はぜひとも!

TOPへ