常照寺 紅葉

2012年12月9日

二代目吉野太夫ゆかりのお寺。

吉野太夫の美しさは遠く唐の国にまで知られていました。

 

美しいだけでなく教養や芸能も身につけ、若くして太夫となった吉野。

26歳で駆け落ちの末に結ばれた夫との結婚生活は短く、12年後に亡くなってしまいます。

 

夫の灰屋紹益は太夫恋しさのあまり、遺骨の灰を飲み干したといいます。

美人薄命とはこのことですね。

境内には大きな吉野桜の木があり、春には美しい桜の花が常照寺を彩ります。

(撮影日 2012.11.28)

ブログランキングに参加しています
皆様のワンクリックが更新の原動力となっていますので、
クリックで応援よろしくお願いします^^

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://www.runausaji.com/2012/12/09/joshoji-momiji/trackback/

TOPへ