千本ゑんま堂 <西陣桜巡り>

2013年04月8日

enma

今流行のスマホアプリ風閻魔様にしてみました。

DPP_0966

千本ゑんま堂。

小さな境内ながらその由緒は古く、見過ごすことはできません。

平安京の役人であった小野篁(おののたかむら)は、あの世とこの世を行き来できたといい、閻魔法王より現世浄化のため塔婆を用いて亡き先祖を再びこの世へ迎える供養法「盂蘭盆会」を授かりました。

その根本道場として小野篁自ら閻魔法王の姿を刻み建立したのがこのゑんま堂の開基です。

 

また、この地は「化野(あだしの)」「鳥辺野」と並ぶ平安京三大葬送地のひとつ「蓮台野」の入り口でした。

ゑんま堂から蓮台へ亡骸を葬った際に建立された石仏や卒塔婆が無数にあったことから、「千本」の地名が残ったと言われています。

DPP_0983

ゑんま堂には立派な二種類の桜があります。

こちらは琴平桜。

DPP_0974

そしてこちらが普賢象桜。

花の中心から緑の葉が二本延びていて、普賢菩薩の乗る像のキバのようなのでこの名前がついたそうです。

 

この桜はひらひらと花びらが散るのではなく、花ごとぽとっと落ちる様子が斬首される囚人に似ていることから、役人は囚人にこの桜を見せ仏心を起こさせたということです。

isihotoke

「普賢像桜のゆうべ」「千本ゑんま堂大念仏狂言」「風祭り」「千本六斎念仏」など、催しや祭りなどが多様に催されています。

京都の歴史の奥深さを思える、そんな場所です。

 

ブログランキングに参加しています
皆様のワンクリックが更新の原動力となっていますので、
クリックで応援よろしくお願いします^^

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://www.runausaji.com/2013/04/08/senbon-yenmado-sakura/trackback/

TOPへ